<初心者向けウクレレクリニック!>
東京荻窪のカフェ, "Acousphere Cafe"にてウクレレクリニックを毎月開催しています!

ウクレレを始めてみたい、もっと上達したい、教室を探している、ウクレレで何か訊きたいことことがある、などウクレレに関する色々な疑問に応えます!
詳しくはこちら!

2019年1月1日火曜日

リズム表現を深める、右手でのパーカッシブサウンドの出し方を動画で説明しました。

ジョン・レノンバージョンのスタンドバイミーやビートルズのゲットバックで聴くことができる、ストロークの合間に挟まれたカシュッ、ザッという打楽器的な音。

これによってストロークにリズミカルな要素が加わって、躍動感が付加されています。

特に弾き語りなどウクレレ一本で伴奏する時はこの打楽器的サウンド、いわゆるパーカッシブな音がリズムの表現に大きな役割を果たしてくれます。

これはダウンストロークの際に指と一緒に手の手刀部分を弦に当てながら弾く奏法です。
今回はこのパーカッシブ奏法のやり方を動画で解説しました。





音の仕組み
手の手刀部分が弦に触った状態、つまり弦が鳴らないようにした状態で弦を弾くことにより、この特徴的な音がなります。
弦に指がぶつかった音と言えます。


弾き方
ストロークのダウンの時に弦に手刀をぶつけにいくような感覚です。
弦にぶつかって手のスイングが止まり、でも指先はそのまま勢いに乗って弦に当て、音を鳴らします。

手首の柔らかさは必要ですが、スナップを効かせ過ぎたり、音を出す際に指をバッと開いたりするとアクセントがつき過ぎてリズムがでこぼこになります。
ストロークの中でこの部分だけ弾き方が違うからといって意識しすぎないようにしましょう。

あくまでもストロークの流れの中で前後の音と同列の存在感で弾いていくことが大切です。


フォーキーな8ビートが一番合う奏法だと思います。
まずは2拍目と4拍目に組み込んだパターンを練習してみてください。

また全部ダウンピッキングにしてこのパーカッシブ音と普通の実音を交互に弾くとスカやレゲエのリズムになります。
こちらもぜひ弾いてみてください!



2019年1月19日(土)
初心者向けウクレレクリニック開催!

東京荻窪のカフェ, "Acousphere Cafe"にて初心者向けウクレレクリニックを開催します! 井上陽水の夢の中への弾き方をお伝えします!
ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方もご参加頂けます! 詳しくはこちら!



<ウクレレレッスンのご案内>


東京南荻窪Acousphere Studioにてウクレレレッスンを開講しています!
ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方でもレッスンをスタートできます。
また仕事帰りなどに手ぶらで受講頂くことも可能です!

傍らに楽器のある生活はとても素敵です!
ウクレレで音楽ライフをスタートさせてみませんか?

EメールかLINEにてレッスンの申し込みやお問い合わせをして頂けます。
お気軽にお問い合わせください!

Eメールアドレス
sonascribe@gmail.com

Line
友だち追加
"Sonascribe"を友だち追加し、LINEのトーク画面からご送信ください!
レッスンの詳しいご案内はこちら!